高尿酸血症の診断基準について

最後まで結末が分からないオチが完璧な引越し > 健康 > 高尿酸血症の診断基準について

高尿酸血症の診断基準について

痛風による患者の数は年々増加の一途をたどり、国内では90万とも100万とも言われています。

 

従って血清尿酸値の値が男性女性ともに高くなる傾向にあります。

 

尿酸値が高い高尿酸血症となっている人は、男性の4~5人に1人と考えられ、年々増えているようです。加えて痛風の発症をする年代は低年齢化の傾向で、30代で発症する場合も多いようです。痛風は尿酸値という血液中の値が高くなることで引き起こされる病気です。

尿酸が尿で溶けきれなくなって、尿酸値の高い状態が続くと、血中に溶けきれず高尿酸血症となり、結晶化するこようになります。

 

 

結晶が溜まった関節などに刺激を与えると剥がれおちて、白血球が異物を排除すべく攻撃します。この時に炎症反応として、関節が腫れたり、痛みを生じたりします。

 

尿酸値はストレスがかかると高くなる詳しくははっきりしていません、ストレスが腎機能に悪影響を与えて、尿酸の排出機能が落ちるということは考えられます。過度なストレスは体調に支障をきたすと、多くの人が実感していることと思います。

 

 

 

癌においてもストレスが原因といわれているほどです。そうした中では痛風についてもストレスフリーを心がけることが重要になります。

高尿酸血症を発症する原因は肥満と言われており体に溜まった脂肪が深く関与します。

主に内臓脂肪が増えてくると尿酸値の生産量と排泄量のバランスが悪くなって、基準値を超えて尿酸値が高くなります。ダイエットや脂肪燃焼することで高尿酸血症の改善につながります。

 

 

まずは痩せるということが高尿酸血症を治療するために最も優先させるべき事項となります。

尿が酸性に傾くことで、結石が作られやすくなっていき、尿路結石や腎臓病などの合併症につながります。ですので、尿が酸性に傾き過ぎないようにバランスを保つようにコントロールすることがとても重要になります。

 

 

正常な尿酸値は男性が3.6~7.0mg/dl、女性は2.7~7.0mg/dlであり、男女ともに7mg/dlを超えた場合高尿酸血症という診断になります。尿酸値を下げるサプリメントはこちら

 



関連記事

  1. 妊娠に向けて何を準備すればよいのかしらね?
  2. 高尿酸血症の診断基準について